「GamerLegion」とScreaMの契約が終了したことが発表されています。


現在26歳のベルギー出身のプレイヤーScreaMは、昨年3月にEx6TenZ、HS、nawwkといったプレイヤーと共にGamerLegionへ加入、国際チームとしての活動をスタートしました。

GamerLegionではUnited Masters League Season 1、Charleroi Esports 2019、Moche XL Esports 2019、Good Game League 2019といった国際大会へ出場、Moche XL Esports 2019では準優勝を獲得した一方で、その他には目覚ましい結果は残すことはできず、約半年間の活動でベンチ入りが発表されました。


ベンチに移動後は、Twitchでの配信を中心に活動、昨年から今年3月にかけてはCS:GOを中心にプレイしていましたが、今年4月以降はRiot GamesよりリリースされたVALORANTをメインにプレイ、Mixwell、draken、pythといったCS:GOを舞台に活躍したプレイしたメンバーと共に多くのオンライン大会へ出場、多くの大会で優勝を収めています。

現在はイギリスのプレイヤーで構成されたVALORANTのアマチュアチームfish123の一員としてプレイしており、賞金総額5万ドルのオンライン大会WePlay! VALORANT Invitationalでは準優勝を獲得、ヨーロッパトップのチームとして活動しています。

先月中頃にはLiquidがfish123、ScreaMのメンバーと契約を結びVALORANT部門の開設を検討していることが報じられ、今月7日(日本時間8日)にLiquidが発表予定のVALORANTに関する発表に合わせ、GamerLegionとの契約終了が発表されたため、本日辺りにVALORANTに関する重大発表があることが推測されます。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link