Amazon ゲーミングデバイス祭り


アナリスト、コメンテーターとして活動するLeniniwがFaZe vs Natus Vincereの試合後にFaZeのラインナップ変更に対して述べたコメントが話題となっています。

StarLadderに所属するLeniniwは、FaZeがNa'Viに勝利した試合後の解説で「FaZe Clanは有名なプレイヤーに100万ドルを超える移籍金を支払うことは効果的な戦略ではないことを証明しています。昨年はひとつ前に所属していたチームEpsilonでも目覚ましい結果を残しているわけでも無く、特に目立ったプレイヤーでは無いBrokyと契約しました。そして、今回は実績がほぼ無い16歳のFPLプレイヤーBymasと契約を結びました。今のFaZeを見てみてください。彼らはs1mple、electronicの所属するNatus Vincereに対して勝利を得ました。これはプレイヤーをスカウトする観点から見ると、有名なプレイヤーに50万ドル~100万ドルを支払うことより、若い才能のあるプレイヤーを探し、彼らを信じるほうがより効率的であることを証明しました。」とコメント、高額な移籍金を支払うことより、若い才能のあるプレイヤーをスカウトするほうがより効率的であることを説明しました。


今年5月、モチベーション低下や競技シーンの疲労により活動休止を発表したolofmeisterに代わりFaZeへ加入した16歳のリトアニアのプレイヤーBymasは、NiKoが2019年のトッププレイヤーに選出された際のコメントで「彼は大物になると思います。」と評価しており、FPLでのBymasのプレイに感銘を受けたことを明らかにしていました。

2016年にCS:GO部門を開設したFaZeは、当初はNiKo、kioShiMa、GuardiaN、olofemeister、karrigan、alluなど様々なチームからスタープレイヤーやベテランプレイヤーを集め、急速にトップチームへ成長しましたが、昨年9月に100万ドル(約1.1億円)を超えるトレードを行ったと噂されるcoldzeraの加入以降は、broky、Bymasと比較的には大きな実績を持たない若手プレイヤーと契約を結んでいます。

2 コメント

  1. FaZeのプレイヤーに見る目があるだけ

    返信削除
  2. Nikoとcoldで2ndAWPer被ってるのがもったいない
    coldとかMiBR辺りからAWP持つ頻度減って明らかに弱体化しとる

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link