Shroudが配信で良いデバイスを使用することはより良いプレイに繋がるかについて答えたコメントが話題となっています。

配信に寄せられた「ハードウェアをよくすることはプレイをよくする重要な要素ですか?」といったコメントに対して、Shroudは「ハードウェアは良いプレイヤーになるために必要な要因ではないと思います。なぜならハードウェアをアップグレードせずともゲームには多くの学ぶことがあるからです。」と答え、ハードウェアやデバイスをアップグレードすることは必ずしも良いプレイヤーへなることに繋がることではないことを指摘しました。

また、Shroudは60Hzモニターから120Hzモニターに変更したときの自身の経験より、「ハードウェアは間違いなくあなたを助けますが、それほどではありません。ほとんどのゲームは頭を使います。」とコメント、デバイスよりゲーム理解やスキルがより良いプレイに結び付けることを明かしています。


今年で26歳を迎えるShroudは、2013年から2017年の約5年間に渡りCS:GOのトップシーンで活躍、Cloud9では約3年間スターティングメンバーとして在籍し、キャリアを通しては約22万ドル(約2350万円)の賞金を獲得しています。

2018年には、現役としての引退を発表し、以降はTwitch、Mixerでの配信活動を中心に行っています。

17 コメント

  1. デバイスは能力値プラスじゃなくて限界値プラスのアイテム

    返信削除
    返信
    1. デバイスは能力値のプラスでもあり、限界値のプラスでもある。

      削除
  2. シュラウド兄貴30FPSとかでプレイしたことなさそう

    返信削除
    返信
    1. 極端すぎて話になりません。

      削除
    2. 30fpsってお前・・・

      削除
  3. シュラウド自身がvalorantの配信中にフレームドロップがひどいって言ってたし60fpsでやったら絶対にプレイできないと思う。
    モニターとマウスは馬鹿にできないと思うけどな。

    返信削除
    返信
    1. そりゃあ急に200fps出てたのに60fpsになったら違和感あるだろうし、パフォーマンスは落ちる
      ずっと60fpsでプレイしててもshroudのようなプレイヤーなら普通の人よりは強くなる

      削除
  4. というかシュラウドさんってCSGOのプロの時、
    大会で用意されるPCのスペックじゃFPS下がるから自分の設定で出来ない~的なこと言ってませんでしたっけ?

    返信削除
    返信
    1. ずっと高スぺでやってきて、大会でfpsが下がったらパフォーマンスは下がる

      削除
    2. 何言ってんのお前

      削除
    3. 小泉さんかよ

      削除
  5. 一切同意できないけど、お金のない少年プレイヤーたちのモチベは上がると思うからセーフ
    青年プレイヤーにはさっさと働くか親御さんにプレゼントしてもらうかを勧めて、どうぞ
    クソ環境下にいすぎるとゲームの腕の伸びしろに影響する
    何事も環境は最重要、60FPS以上は人間には必要ない説提唱おじさんの時代は終わったんだ

    返信削除
  6. まぁガチの初心者や下手クソが60hzから144や240に変えたところでなんの変化も無いだろうな
    その層に向けた発言なら理解できる
    そこそこ真面目に遊んでる奴からしたら144hz以上のモニターと144FPS以上安定して出せるPCは必須

    返信削除
    返信
    1. まぁシュラウドもプロストリーマーだしそういう層に向けて言いました、なんて言えないだろうな

      削除
  7. ここでの「良いデバイス」ってのは極端に高価なデバイスのことを言ってるのであって最低限低価格であってもまともなブランドから発売されたデバイスを使ってる前提だろ

    返信削除
  8. デバイスやモニターの差さえ感じることが出来ないレベル、初心者に向けての発言でしょ
    60hzから120hzに変えて「それほどでもない」程度な訳ない
    GOなんかMMですら上のランクに行こうと思ったら60と120以上じゃ難易度は雲泥の差

    返信削除
  9. ちなみにnoppoさんはオフライン大会中にメモリーを変えたことがあるらしい

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored link



Sponsored link