Amazon ゲーミングデバイス祭り


今年に入り新たに設立されたロシアのeスポーツチームCyberLegacyへ加入したseizedが自身の配信で移籍についてのコメントをしています。

今月15日にseizedはpro100への加入がリークされたものの、21日にはCyberLegacyへの加入を発表しました。

seizedはCyberLegacyへの移籍に対して、自身の配信で「はい。私はpro100よりオファーを受け取りました。しかし、多くの理由よりpro100よりCyberLegacyの方が多くの将来性があると考えました。pro100とCyberLegacyのラインナップを比べた場合、pro100の方が経験豊富なプレイヤーがおり、多くの大会から招待を受けるため、高いチーム力を持っていることは明らかです。しかし、CyberLegacyでは良いチームを構築できると考えました。私は正しい選択をしたと確信しています。」とコメント、加入した理由についてpro100よりCyberLegacyの方が高い将来性を持っていることから加入を決断したと明かしています。


また、先日はpro100のエースプレイヤーのYEKINDARがVirtus.proへの移籍が発表され、現在pro100のラインナップはNickelBack、WorldEdit、wayLander、dimasickの4人となっています。

コメント


Sponsored Link