「c0ntact Gaming」が「CR4ZY」CSGO部門のメンバーを正式に買収したことが発表されています。

今月16日、フランスのメディア1pv.frより北米に拠点に置くeスポーツチームc0ntact Gamingが、CR4ZY CSGO部門のメンバーの買収を検討していることが明らかになり、買収額は150万ドル~200万ドル(1.6億円~2.2億円)に上ったことが明らかとなりました。

c0ntact Gamingは、Overwatch Leagueで活躍するチームParis Eternal、Call of Dutyで活躍するParis Legionの2チームを所有しており、今回がCSGO部門には初参入となります。

CR4ZYは、昨年に大きく成長を遂げたヨーロッパのチームで、メジャー大会StarLadder Berlin Major 2019ではChallengers Stageのシード権を獲得に加え、DreanmHack Open Rooterdam 2019では優勝、DreamHack Open Sevilla 2019、Arctic Invitational 2019では準優勝を獲得しています。


CR4ZYを獲得したc0ntact Gamingは、今年3月よりスタートがリークされるアメリカのリーグ大会「B Site」へ出場する可能性が高いと明らかになっており、今後の発表に期待されます。

一方、CR4ZYのCEOを務めるAntonio Meicは自身のTwitterで新たにCSGO部門を立ち上げることを示唆しており、投稿した画像には数々のチームでのコーチ経験を持つJohntaが写っており、何らかの形でチームに関与すると考えれます。


新たにc0ntact Gamingに加入したメンバーのラインナップは以下になります。

 Nestor "LETN1" Tanić
 Rokas "EspiranTo" Milasauskas
 Otto "ottoNd" Sihvo
 Luka "emi" Vuković
 Georgi "SHiPZ" Grigorov
 Neil "NeiL_M" Murphy (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link