「Evil Geniuses」は300万ドル(約3.2億円)で「NRG」CSGO部門を買収したとフランスのインサイダーneLより明らかになっています。

フランスのインサイダーneLのTwitterによると、「最近耳に入れた情報によると、Evil GeniusesはNRGのCSGO部門を300万ドル(約3.2億円)で購入しました。もし、この価格が正式に確認された場合、非常に大きな取引になるだろう。」と明かしています。


先日、アメリカを拠点に活動するeスポーツチームEvil GeniusesがNRGのCSGO部門を買収した事がリークで明らかとなりました。Evil GeniusesはCSGO部門の開設を示唆する特設サイトを開設しており、交渉はほぼ成立していると考えられます。

NRGはCSGO部門のリリースに伴い、新たにCSGO部門を結成するかは現在明らかとなっていませんが、現在100 Thieves、Dignitas、MisfitsといったアメリカのチームがCSGO部門の開設を発表している事や、フランチャイズリーグの発足されるといった噂が出回っている中、今後アメリカのCSシーンに何らかの形で大きな発表があるのではないかとコミュニティで話題となっています。


また、neLはNRG CSGO部門の買収額に加え、同じくアメリカを本拠地としオーストラリアのプレイヤーで構成されているチームRenegadesについて、「Rengegadesは220万ドル(約2.4億円)で売却した。」と明らかにしています。

今月10日、RenegadesはCSGO部門との契約を更新しない方針を検討しているとリークで明らかになっており、現時点では100 ThievesがRenegades CSGO部門の買収を検討していると発表されています。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link