CR4ZYのCEOがG2のCEOに対し不満を述べている事がCR4ZY CEOのTwitterより明らかになっています。


CR4ZYのCEOを務めるAntonio Meicは、自身のTwitterにて「G2のCEOが、オーナーを介せずにプレイヤーと連絡し交渉をしている」事を明かし、「プレイヤーを密漁している」とコメントを残しています。

先日、1pv.frよりG2がshox、Luckyに代わりCR4ZYのhuNter、nexaを検討している事がリークで明らかになり、実際にG2のCEOがプレイヤーと交渉をしていたことが明らかとなりました。

関連記事 : 「G2」がshox、Luckyに代わり「CR4ZY」のhuNter、nexaを検討か

以前、CR4ZYのCEOのHLTVのインタビューでは、「huNterへのオファーはすべて断っている。彼には100万ドルの価値がある。」とコメント、チームのエースプレイヤーであるhuNterはどのチームとも交渉をしない意図を明かしています。しかし、コミュニティでは「チーム間での移籍はチームの運営陣が決めるのではなく、プレイヤーの意思で決めるものである」と多くのコメントが寄せられており、CR4ZYのCEOのTwitterの発言にて不満を持つユーザーが現れており、今後のチームの展開について注目が集まります。

また、以前、Vitalityがshox、kioShiMaを検討していると明らかになっており、G2がラインナップの変更を検討している事はほぼ確定の様に思われます。

関連記事 : 「Vitality」がshox、kioShiMaを検討か

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link