先日、MIBRよりベンチ入りが発表されたcoldzeraのインタビューがESPN Esports Brasilより公開されています。

Coldzera fala sobre escolha do próximo time: 'questão financeira é o menor dos problemas'

インタビューでは、受け取ったオファーについてや、チーム選考について答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。

Marcelo "coldzera" Davidのコメント

「現在、私は受け取った4つのオファーを分析しています。メジャー大会が終わったら、恐らくどのチームも椅子取りゲームのような状態になると思うので、メジャー大会が終わるまではオファーを承諾するのを待つ必要があります。」

「契約金等のお金の問題については、そこまで問題視していません。私の中での決定条件は、そのチームが良い構造を持っているかどうかではなく、誰とプレイするか、そしてどのような組織でプレイするかです。」

「考慮すべき問題が多くある為、注意してチームを選ぶ必要があります。急ぎで決定した場合、最終的に問題が発生する場合が多いのでゆっくり選択しようと思います。2、3ヵ月の間、競技シーンではプレイできませんが私はとても落ち着いています。」

「また、水曜日にはヨーロッパに行きます。ヨーロッパで多くの練習を重ね、私は更に強くなります。」


現在24歳のプレイヤーcoldzeraは2015年にLuminosityに加入、2016年から~2017年にかけては多くの国際大会にてタイトルを獲得し、2年連続HLTVトッププレイヤー1位に選出されています。

今年の7月にMIBRよりラインナップを降りる事を発表し、新たに別にチームに加入する意向を発表しました。

関連記事 : 「MIBR」が正式にcoldzeraをベンチに、明日以降行われる大会では代わってコーチのzewsが出場

また、MIBRはcoldzeraに代わる5人目のメンバーとして現在INTZに所属するkNgを検討している事が明らかになっています。

関連記事 : 「MIBR」の5人目のプレイヤーはkNgで確定か、ferがTwitterにて明かす

1 コメント

  1. また強くなるのかなぁ
    チームどこ入るのかも気になる

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link