「StarLadder Berlin Major 2019 Americas Minor」にて「Lazarus」に代わり「Luminosity」が出場する事が発表されています。


Lazarusは今年の4月に結成されたチームでswag等のプレイヤーが所属しています。swagはValve主催の大会よりBANされており出場できない為、Americas MinorではチームにTenZ、FNSがスタンドインし出場、Open予選より勝ち上がりAmericas Minorへの出場権を獲得しましたが、スタンドインした2人のプレイヤーが辞退する事が発表された為、それに伴いチームはAmeicas Minorへの出場を辞退する事になりました。

また、LazarusにスタンドインしていたTenZは先日Cloud9への加入が発表されています。

関連記事 : 「Cloud9」がラインナップを再編成、既存メンバーとしてautimaticのみを残し新たにmixwell、TenZ、daps、koostaが加入

Lazarusの辞退に伴い、Ameeicas MinorにはLuminosityが出場します。LuminosityはLUCAS1に代わり、felpsが加入して初の大会となります。


StarLadder Major 2019 Americas Minorはドイツ・ベルリンにて7月17日~7月21日の5日間にかけて行われるオフライン大会です。北アメリカ予選より6チーム、南アメリカ予選より2チームの以下の計8チームが出場し、上位2チームが本戦であるStarLadder Major 2019への出場権を獲得します。

 FURIA (North Americas Closed予選)
 NRG (North Americas Closed予選)
 Lazarus (North Americas Closed予選)
 eUnited (North Americas Closed予選)
 TeamOne (North Americas Closed予選)
 Singularity (North Americas Closed予選)
 Sharks (South Americas Closed予選)
 INTZ (South Americas Closed予選)
 Luminosity

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事