現在、compLexityに在籍している15歳のプレイヤーoBoのインタビューがHLTVより公開されています。

oBo: "I never thought I'd be in europe to play at a CS:GO event"

インタビューでは、初のオフライン大会について、compLexityの加入した経緯について答えています。以下、インタビューより一部抜粋したコメントを引用します。


今回のECS Sesaon 7 Finalsはあなたにとって初の国際大会でした。大会はどうでしたか?


私の初のCSGOイベントでしたが、本当に素晴らしいものでした。まさか、CSGOをプレイする為にヨーロッパまで行くとは当初は思っておらず、compLexityが私にオファーを申しだしてくれた事をとてもうれしく思います。




compLexityに加入した経緯について教えていください。


私は主にFPLを中心にTwitchでCSGOを配信するストリーマーでした。FPLではよくcompLexityのメンバーともプレイしており、compLexityの経営陣が私を見てチームでプレイするチャンスをくれたのだと思います。

関連記事 : 「compLexity」stanislawに代わり弱冠15歳のプレイヤーoBoが加入



加入して約1週間で大会でしたが、大会までの期間に練習した事や、最も重要と思った事また、ゲーム内でのroleを教えてください。


私はこの1週間で、シンプルに自分の役割、チーム活動というのがどのようなものかを学ぶ事に尽力しました。

ゲーム内での役割はマップによって異なりますが、CTではanchor-type、Tでは基本的にEntry-Fraggerです。



大会ではMIBRや、Vitality等のチームと対戦しましたがどうでしたか?


私達の当初の目標はグループ予選を通過する事で、MIBRと戦うことになる事もわかっていました。MIBRとは厳しい試合になるだろうと思っていましたが、私達はうまくプレイしました。シンプルにMIBRに勝利した事は非常に嬉しいです。

Vitalityとの試合では多くのミスコミュケーション、トレードキルのミスがあったと思います。例え、Vitalityが良い試合をしたと思っていても私達からしたらこの試合は悪いプレイの連続でした。



最後に、大会でのパフォーマンスには満足していますか?


私は自分のプレイに非常に満足しています。ゲーム内での役割的にも非常に快適にプレイできました。自分のパフォーマンス、そしてチームに満足しています。

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事