「compLexity」stanislawに代わり弱冠15歳のプレイヤーoBoが加入した事が発表されています。


現在15歳のoBoは北アメリカの中でも最も才能のあるプレイヤーとして広く認知されており、Faceit Pro League North Americaでは数多くの週間優勝を果たしており、FPLのみでの獲得賞金は150万円以上を獲得しています。

また、oBoに代わりチームのラインナップより降りることになったstanislawは自身のツイッターにて「もはや私はこれ以上チームを成長する事ができなくなったので、若いプレイヤーの為ラインナップを降りる事を決心しました。チームの成績は安定していませんでしたが、Faceit Major London 2018にてベスト8という結果を残せたことは誇りに思います。」とコメントを残しています。



現在25歳のstanislawはチームでIGLとして活躍しており、昨年9月に行われたFaceit Major 2018ではTOP8といった結果を残しています。過去にはOpTic、LiquidといったNAトップチームで活動しており、2016年には賞金総額110万ドルELEAGUE Sesaon 2にてAstralisを破り、賞金40万ドルを手にしています。

compLexityの新たなラインナップは以下になります。チームは6月6日より開催される賞金総額50万ドルECS Season 7 Finalsに出場します。

 Rory 'dephh' Jackson
 Shahzeb 'ShahZaM' Khan
 Ricardo 'Rickeh' Mulholland
 Hunter "SicK" Mims
 Owen "oBo" Schlatter
 Matt "Warden" Dickens (コーチ)
 Peter 'stanislaw' Jarguz (ベンチ)

2 コメント

  1. 15歳ってメジャー大会出れたっけ?

    返信削除
  2. 改めて見ると鼻高くてイケメンだな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link