「Liquid」が賞金100万ドル(約1.1億円)「Intel Grand Slam Season 2」獲得へのこり2回に迫っている事が明らかになっています。

Intel Grand Slam Season 2

Intel Grand SlamはESL、DreamHackが主催する賞金総額20万ドルを超える大会にて4回優勝したチームに贈られる賞です。今回のSeason 2より10回の大会のスパンで行われ10大会中に4回の優勝を獲得するチームが現れなかった場合勝利回数はリセットされます。

Season 2では"Giant Killer Bonus"というシステムを導入しており、4回目の優勝を阻止したチームには賞金10万ドルが送られます。

関連記事 : ESLが賞金100万ドル(約1.1億円)「Intel Grand Slam Season 2」を発表

2017年より行われていたIntel Grand Slam Season 1では昨年末にESL Pro League Sesaon 8 Finalsにて優勝を獲得したAstralisが受賞しています。

関連記事 : 「Astralis」が賞金1億円「Intel Grand Slam」を獲得

Liquidが「Intel Grand Slam Season 2」獲得へリーチ


LiquidはESL、DreamHackが主催する賞金総額20万ドルを超える大会、IEM Sydney 2019DreamHack Masters Dallas 2019にて優勝、Intel Grand Slamの獲得条件である優勝回数4回まで残り2回になりました。

次回開催されるIntel Grand Slamのサーキットに属している大会は6月18日より開催される賞金総額75万ドルESL Pro League Sesaon 9 Finalsで、ESL Pro League Sesaon 9 FinalsにはAstralis、LiquidのIntel Grand Slamのサーキットで競っている2チームが出場します。


Astralisは今年3月に開催されたメジャー大会IEM Katowice 2019の優勝以来、Intel Grand Slamのサーキットに属している大会には出場しておらず、Sydney、DallasではLiquidが連続優勝とAstralisにとってはESL Pro League Sesaon 9 Finalsはどうしても優勝を阻止したい大会となります。

また、DreamHack Masters Dallas 2019により世界ランキング1位が約1年ぶりに変動、LiquidがAstralisを追い抜き1位となりました。

2 コメント

  1. リーチじゃなくね?優勝まだ2回でしょ

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正致しました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link