賞金総額75万ドル「ESL Pro League Sesaon 9 Finals」に出場する16チームが決定しています。


ESL Pro League Sesaon 9 Finals

ESL Pro League Sesaon 9 Finalsは6月18日~23日の6日間にかけて行われる賞金総額75万ドル(約8100万円)のオフラインCSGO大会です。

ヨーロッパ予選を勝ち抜いた8チームと、アメリカ予選を勝ち抜いた6チームに加えアジア・オセアニア予選を勝ち抜いたそれぞれ1チームの計16チームが出場します。今大会よりESLのリブランドに伴い、ヨーロッパ予選、アメリカ予選は全試合オフラインで行われ出場チームを決定しました。

出場チーム

 mousesports (ヨーロッパ予選)
 FaZe (ヨーロッパ予選)
 G2 (ヨーロッパ予選)
 Astralis (ヨーロッパ予選)
 Fnatic (ヨーロッパ予選)
 HellRaisers (ヨーロッパ予選)
 North (ヨーロッパ予選)
 Heroic (ヨーロッパ予選)
 Cloud9 (アメリカ予選)
 Luminosity (アメリカ予選)
 MIBR (アメリカ予選)
 DETONA (アメリカ予選)
 Liquid (アメリカ予選)
 NRG (アメリカ予選)
 TYLOO (アジア予選)
 Grayhound (オセアニア予選)

新たに世界ランキング1位にランクインしたLiquid、そして2位にランクダウンしたAstralisが出場します。

関連記事 : HLTV世界ランキング1位が約1年ぶりに更新、「Liquid」が「Astralis」を追い抜き1位に

ESL Pro League Sesaon 7、ESL Pro League Sesaon 8と共に優勝を収めているAstralisは連覇がかかっており、注目が集まります。

また、アメリカ予選を勝ち抜いたブラジルのCSGOチームDETONAはブラジルの若手プレイヤーの中でホープと呼ばれるvsmが所属しており、vsmはHLTVの平均Rating 1.29を記録しているプレイヤーです。しかし、vsmは過去にVACBAN経歴が有り、Valveが主催する大会には出場できないためESLが主催する今大会、ESL Pro League Sesaon 9 Finalsはvsmにとって初のTier1チームが出場する国際大会となります。

その他、アメリカ予選にはMIBR、Luminosityとブラジルのチームが3チーム本戦への出場権を獲得しています。

アジア予選を勝ち抜いたTYLOOは予選決勝にて現在アジアランキング1位に位置するMVP PKを破り、本戦への出場を果たしています。

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事