スポンサーリンク



有名ストリーマーのロビーに入りMM等でも強制的にチートコマンド"sv_cheats 1"をONにするハッカーが出現


Sponsored link


有名ストリーマーのロビーに入りMM等でも強制的にチートコマンド"sv_cheats 1"をONにするハッカーがコミュニティで話題になっています。

(この迷惑行為は2日前に行われたアップデートの「ロビーでの迷惑行為を修正」にて既に修正されています。)

今回、配信でチートを使用したとコミュニティで話題となったのは元プロゲーマーで現在はストリーマー兼コーチとして活動しているkrLで、CSSではVeryGamesとしてshox、RpK、SmithZzと共にプレイしており、CSGOではMAJ3R、SIXER等のプレイヤーと共にプレイしていました。

krLの配信中に、公式のマッチメイキングでは使用できないチートコマンド"sv_cheats 1"になり、壁が透けて見える"enable_skeleton_draw 1"やレーダー上に敵プレイヤーも出現する"mp_radar_showall 1"がONになり、配信の視聴者から「wallhack?」と疑われる事態になりました。


実際にはkrLはチートを使用しておらず、同ロビーにいたプレイヤーがチートを使用し"sv_cheats 1"をONにしていると明らかになっています。この事態は4月下旬より増えており、krL以外のmang0やJasonRの配信者やHObbitなどのプロプレイヤーの配信にも現れています。

関連記事 : 元CS1.6プロゲーマーが配信でチートを使用、眼鏡に反射したスクリーンより不正が発覚

これらをまとめた下記の動画では"sv_cheats 1"をONにするチートコマンド以外にも、強制的にsensitivityやマネー金額を変更やVAC BANでサーバーからキックされる等の迷惑行為が確認できます。



また、この迷惑行為は先日行われたアップデートにて修正されています。

関連 : 【CSGO】2019/4/30のアップデート | Danger Zoneに新マップ「Sirocco」を追加、シールド等の様々なアイテムを追加予定

Sponsored link

コメントを投稿

0 コメント