スポンサーリンク



ESLが「IEM Sydney 2019」以降のESLが主催する大会においてVertigoを採用する事を発表


Sponsored link


ESLが「IEM Sydney 2019」以降のESLが主催する大会においてVertigoを採用する事を発表しています。


ESLは4月30日より開催されるIEM Sydney 2019ではVertigoではなくCacheを採用し、5月13日よりESLが主催する大会においてVertigoを採用する方針を発表しています。

4月12日より行われるESL Pro League Season 9 America、Europeはそれぞれ第2グループステージよりVertigoが採用されます。

また、先日行われたLOOT.BET Season 2にてAGO vs Nordavindの試合にて初めて公式試合でVertigoが使用されました。試合ではピック側のNordavindが16-5で勝利しています。

賞金総額30万ドルの「IEM Sydney 2019」はオーストラリア・シドニーにて4月30日より開催されます。招待チームとしてFaZeやLiquid、MIBR等のトップチームが招待されています。

関連記事
>「DreamHack Open Rio 2019」にて新たに追加された競技マップ「Vertigo」を採用
>【CSGO】2019/3/28のアップデート | Cacheに代わり競技マップにVertigoを追加、ミュージックキットEZ4ENCEを追加
>【CSGO】2019/4/2のアップデート | Vertigoの修正、エレベーター付近の壁抜きダメージを減少

Sponsored link

コメントを投稿

1 コメント