WESG 2018 World Finalsにて「ENCE」とカザフスタンのミックスチーム「K23」が棄権した事が発表されています。

先日開催されたメジャー大会にてMinor予選から準優勝といった結果を残したENCEですが、ECS Season 7 Europe Pinnacle CupやESEA MDLなどオンラインでの試合や、4月よりブラジルで開催されるBLAST Pro Series Sao Paulo 2019にも招待されておりスケジュールが詰まっているのが大きな理由として挙げれれます。

AdreNやHObbit、mouなどのカザフスタンのスタープレイヤーで構成されたミックスチーム「K23」はVISAの問題の為、出場を辞退した事が同時に発表されています。また、現在FaZeにスタンドインしているAdreNもBLAST Pro Series Sao Paulo 2019に出場予定で、FaZe側が大会準備のためにメンバーを長期に離したくなかったのも1つの理由として発表されています。

Furious、MVP PKに続き現在4つのチームが棄権しています。チームの棄権に伴い以下の記事を更新しました。

「WESG 2018 World Finals」のスケジュールが公開、Absolute vs Furiousの試合は3月11日(月)19:45から

WESG 2018 World Finalsは、中国・重慶市にて2019年3月11日~17日に開催される賞金総額89万ドル(約1億円)のオフライン大会です。世界中の各地域予選を勝ち抜いた29チームと招待された3チームの計32チームが出場します。現在、本戦にはG2、OpTic等世界トップレベルで戦うチームが出場を決めており、MIBR、Fnatic、NiP等のチームが招待チームとして発表されています。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link