「DreamHack Masters Dallas 2019 北アメリカ予選」にて「Envy」にs0m、FugLy、ANDROIDがスタンドインする事が明らかになっています。

s0m、FugLy、ANDROIDの3人がスタンドインする事はEnvyのESEAのラインナップより明らかになっており、Envyの初期メンバーであったreltuC、Droneはラインナップより除外されていました。

昨年10月にチームよりSEMPHISが脱退し、昨年12月にFaZeよりkarriganがスタンドインしました。karriganは約2ヶ月間チームにスタンドインしIEM Katowice 2019 Americas Minor、IEM Sydny 2019 アメリカ予選に出場しました。

Envyはkarriganを長期的なメンバーとして視野にいれていましたが、先日karriganはmousesportsに正式に加入しました。

新たにスタンドインする若干16歳のs0mはcompLexityに所属するストリーマーで、Faceit Pro Leagueにて自身の名を知らしめました。また、FugLyはNRGに所属していましたが、先月tarikの加入と同時にチームからリリースされフリーに。ANDROIDはcompLextyのメンバーでしたが昨年12月にチームのラインナップ変更と同時にチームリリースされました。

EnvyはDreamHack Masters Dallas 2019 北アメリカ予選にて初期メンバーのjdm64、Niftyに加え、新たにs0m、FugLy、ANDROIDがスタンドインし出場します。

 Josh "jdm64" Marzano
 Noah "Nifty" Francis
 Bradley "ANDROID" Fodor
 Jacob "FugLy" Medina
 Sam "s0m" Oh

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link