スポンサーリンク


元CS1.6プロゲーマーが配信でチートを使用、眼鏡に反射したスクリーンより不正が発覚


Sponsored link


元CS1.6プロゲーマーのKristoffer ‘Faken’ Anderssonが自身のTwitchのストリーミング配信にてチートを使用した事が明らかになっています。チートは眼鏡に反射したスクリーンを視聴者が発見し、チートの使用が発覚しました。

fakenはスウェーデンのプレイヤーで、CS1.6ではSSV Lehnitzといったチームでzet等といったプレイヤーと活動していました。fakenはCSGOではプロとして活動していませんでしたが、DreamHack等の地域予選への出場記録が残っています。

以下が、fakenの配信のチート使用を捉えたクリップになります。


クリップから分かる通り、CSGOの画面のみを見るとチート使用は分かりませんがメガネに反射したスクリーンを見ると画面に見えていないはずのCTが壁を透け赤く表示されています。

fakenの配信では、恐らくチート画面とCSGOのプレイ画面を別々のレイヤーで分け、ストリーミング配信の画面ではCSGOのプレイ画面のみを配信していたと思われます。また、現在fakenのTwitchチャンネルは削除されており、過去配信などは視聴できなくなっています。

CSGOは昨年12月のアップデートより基本プレイが無料になり、それに伴いチーターの数が増えている傾向となっています。今年の1月には90万以上のアカウントがBANされ話題となりました。

Sponsored link

コメントを投稿

1 コメント

  1. >反射したスクリーンを見えると画面に見えていな
    見ると画面に

    >増えている傾向となっっています
    なっています

    返信削除