Starseries i-League Season 6が賞金総額30万ドルにて明日10月7日より開催されます。

賞金総額30万ドルのStarseries i-League Season 6が明日10月7日より開催|CSGO4JP

Starseries i-League Season 6はFaceit Majorでも採用されたスイス式で行われ、1週間かけて行われ、16チームが優勝賞金$125,000(1400万円)を目指して争います。

以下、Starseries i-League Season 6の見所の5つを紹介します。


1. 新たなNAのホープ「NRG」


NRGは北アメリカ予選1位で通過し、出場します。Faceit Majorには出場していないものの、IEM Shanghai 2018では優勝、ESL One New YorkではFaZeに勝利し現在注目のチームです。

ここ数ヶ月の上がり下がりが激しいものの、もし今回の大会で入賞を果たせたら、NAの2番手のチームに入れるかもしれません。


2. cadiaNが「North」に加入


cadiaNがアメリカのCSGOチーム「Rogue」からMSLに代わって「North」に加入し初のビックタイトルになります。

Northの新たなIGLとして、以前に見られたものとは異なるプレイスタイルが見られるかもしれません。

cadiaNは長い間、CSGOのシーンに携わっていますが、彼は未だにビックタイトルを得た事はありません。今大会は彼にとって、トップレベルのチームに加入しスキルを証明するチャンスになるでしょう。


3. compLexityの快進撃


Faceit Major 2018で、compLexityはChallenger Stageで敗退するであろうと見なされたチームですが、Challenger Stage、Legend Stageを勝ち抜きChampion Stageまで駒を進めました。

今回のイベントはcompLexityのその勢いを維持するための絶好の機会になります。


4. Renegadesのメンバーチェンジ


Renegadesはチームの主軸のAWPer、IGLを務めるNiftyとエントリーフラッガーのUSTILOが脱退し、チームは構成とチームプレイの多くを変える必要があります。この短期間での調整は難しいかもしれないが、チームは今までよりより高い目標に目指さなければならない。




5. ESL One New Yorkで優勝したmousesports


Faceit Major 2018で大きく失敗したmousesportsですが、ESL One New YorkではLiquidを破り、優勝しました。

今大会はトップチームがそこまで多く参加している訳ではなく、浮き沈みの激しいmousesportsにとって、レベルの差を見せつける良い大会になると思います。

賞金総額25万ドルESL One New York 2018にてmosesportsがLiqudに勝利し優勝|CSGO4JP

Sponsored link

コメントを投稿

Sponsored link



おすすめ記事