イギリスを拠点とするeスポーツチーム「Fnatic」のCS:GO部門にALEX、meziiが加入したことが発表されています。

今年7月、JWGoldenをベンチに入れ、国際チームへの移行を発表したFnaticですが、新たにイギリス出身のALEX、meziiの2人の選手の獲得を発表。2013年よりスウェーデン人選手で構成されたラインナップを継続してきたFnaticですが、約8年ぶりとなるスウェーデン以外の国籍の選手を獲得したことになります。

ALEXはCloud9、Vitality、LDLCなど、様々なトップチームでキャプテン、IGLとしてプレイした経緯を持ち、Vitality、LDLCではフランストップから世界トップまでチームを導いた経験を持ちます。また、meziiは、Vexed Gaming、London Esportsなど、イギリスを代表するチームでプレイした経験を持ち、その実力を買われ、2020年にはCloud9、GamerLegionなど、国際チームでプレイしました。

今回の変更について、CS:GO部門でコーチを務めるSamuelssonは「慎重に検討した結果、私たちの目標とビジョンを達成する為には、国際化することが最善であると判断しました。私たちはスウェーデンのCS:GOシーンに多大な経緯と称賛を射台していますが、国際的なラインナップを採用することで将来的に多くの選択肢、柔軟性が得られると考えました。この決定後の最初の課題は、現代のCS:GOシーンで成功するため、経験豊富で献身的なIGLをみつけることでした。」とコメントしています。

新たに2人の選手が加入したFnaticのラインナップは以下になります。

 Freddy "KRIMZ" Johansson
 Ludvig "Brollan" Brolin
 Jack "⁠Jackinho⁠" Ström Mattsson
 Alex "ALEX" McMeekin
 William "⁠mezii⁠" Merriman
 Andreas "Samuelsson" Samuelsson (コーチ)
 Maikil "Golden" Selim (ベンチ)
 Jesper "JW" Wecksell (ベンチ)

2 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link