2022年、2023年は、年に2回のメジャー大会の開催を予定していることが、各大会主催がValveより受け取ったメールより明らかになっています。

HLTVが公開したメジャー大会のスケジュール、その要点は以下のようになっています。

  • 2022年、2023年は、年に2回の開催を予定。スケジュールは5月、11月。
  • メジャー大会前に各地域で1回のRMR大会(Regional Major Rankings)を開催。
  • 2022年のメジャー大会及びRMR大会を主催したい企業は今年6月までにValveへ提出する必要がある。なお、発表日は未定。
  • 視聴者に合わせた2つのタイムゾーンを検討(CET 16:00、21:00)。
  • ヨーロッパ、CIS、北アメリカ、南アメリカ、アジア/オセアニアの5つの地域でRMR大会を開催。4月上旬、9月下旬に予定するこれらのRMR大会は、旅費、賞金プール、宿泊施設など、Valveがサポート。

関連記事
メジャー大会「PGL CS:GO Major 2021 Stockholm」が賞金200万ドル(約2.1億円)で開催決定、2021年10月~11月にスウェーデンで開催

7 コメント

  1. Ancientコレクションが安くなりそうですね。

    返信削除
  2. いつも楽しく記事を読ませてもらっています
    祝初施設になっていますが、宿泊施設の間違いですか?
    確認お願いします。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。正しくは宿泊施設です。修正致しました。

      削除
  3. 日本からの出場選手いるかなあ。

    返信削除
    返信
    1. 純日本チームは難しいだろうけど日本人が国際チームに入るのは出来なくはないね
      英語と実力さえあればね

      削除
    2. あー、やろうと思えば行けるのか。英語と実力か、、、英語はまあ覚えるしかないとして実力か、チーターいるとはいえGEぐらい楽々行けるぐらいじゃないとやっぱ厳しいよなぁ

      削除
    3. 正直GO圏の海外育ち日本人しかほぼほぼ無理じゃね
      ちゃんとFPLとか周りのレベルも高くてプロの目にもとまりやすい環境が整ってないと
      日本チームはアジア大会すら勝ち上がるの夢のまた夢だし
      日本から個人が上にいくのにもBnTeTみたいな中国経由しか無いだろうね
      あと上手くなりたいならMMはやめときな

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link