Amazon ゲーミングデバイス祭り

Valveに従業員として務めたRichard Geldreichが、CS:GOのSource2移行が難しい理由、Source 2がリリースされない理由を自身のTwitterで語っています。

昨年、CS:GOのゲームエンジンがSource 2へ移行すると報道され大きな話題を集めましたが、Valve News Networkを始めとしたメディアはSource 2への移行は延期、又は中止となった事を報じ、以降進展はありません。

過去にValveでソフトウェアエンジニアとして務めたRichard Geldreicは、自身のTwitterで、CS:GOのSource 2エンジンに関するコメントを投稿。以下、Twitterより引用した文章を掲載します。

CS:GOのSource 2が実装されない理由

もし、CS:GO Source 2が実際にリリースされることがあれば、その違いは顕著に表れるでしょう。物理的に微妙にずれていたり、ネットワークプロトコルの設定も異なっていたりします。

現在のSource 1のバージョンには、非常に古いコードが含まれています。このコードに手を加えると、多くのシステムが壊れてしまい、非常にデリケートな部分であるため、触ってはいけません。もし、Source 2を実現する為には慎重なアプローチが必要です。

レンダリングのごく僅かなディティールが、CS:GOの動作性に影響を与え、些細な事でも変更された場合、ゲームは変わってしまうでしょう。ソフトウェア開発のチームの方たちは、頑張ってください。

広告の下に記事は続きます

Valveの社内サイクルと開発進捗の関係

Valveは1年間のサイクルで動いています。毎年、スケジュール通りに、解雇、一時帰休、ボーナス、新入社員の採用が行われます。そのため、このサイクルの中にゲームエンジンを移行できなければ、進捗を維持することは難しくなります。あるいは、不可能かもしれません。なぜなら、Valveは優秀なプログラマーをすぐに解雇してしまうからです。

また、これらの作業を行うことが出来るソフトウェアエンジニアは、上記のようなごみ収集の作業を行うことなく、大手ソフトウェア会社で簡単に7桁の収入が出る仕事を受けることが出来ます。

Dota 2のSource 2移行が実現した理由、その他

これまでに話したことが、Source 1の大まかな内容です。CS:GOは独自のコードベースで作られており、このゲームには何百人のプログラマーが20年以上に渡りハッキングを続けている為、ゲームエンジンの移行には膨大なリバースエンジニアリングの作業が必要です。

Dota 2のSource 2移行が実現した理由は、Source 2のチームが何年もリリースせず、問題から逃げていたからです。Dota 2のセキュリティ情報管理には、ゲームに特化した新しいコードがたくさんあり、それを実際に書いたプログラマーが移行を助けてくれましたが、CS:GOではそんなこと起こりません。

ゲイブが新しいチームを雇ってより良いものを作れるようになるまでは、CS:GOのピークはSource 1になる可能性があります。最適とは言えない労働環境の中、社内のスタッフがそれを成し遂げられるとは思いませんが、私の意見も間違っている可能性もあります。

実際、過去のCS:GOの開発チームは、ファンが何を求めているか、そして、ファンから受け取ったフィードバックに本当に注意を払っていました。私が見た度のチームよりも本物でした。

ただ、ValveにSource 2への高品質な移植を維持する能力があるか疑問ですが、それは当たり前のことです。私たちがCS:GO Source 2を待っていた2年以上の間、SpaceXは何千もの衛星と世界初のメガコンステレーションを打ちあげました。

関連記事
ShroudがCS:GO最大の問題を「チーターの多さ」と語る
Valve元従業員がCS:GO Source 2について語る「Source 2の移行作業は地獄のようなものでした。」

13 コメント

  1. 予想通りだったけどしゃーない
    valveはそういう会社や
    もうゲームパブリッシャーではなくプラットフォーマーやしな
    黙っとっても金は入る

    返信削除
  2. この感じだとcsgoの間はいいけど
    次だした時にcsは死ぬんだろうな
    昔と違って若者は舌が肥えてるぞ

    返信削除
    返信
    1. 次は出せないと思うぞ
      CS1.6~CS:S~CS:GOのときと時代が変わってしまった
      完全に新しい新規ゲームエンジンを開発するかアンリアルエンジンみたいに外部の使うか…valveはアンリアルエンジンなんか使いたくないだろうし

      それに加えて「1からCounter-Strikeシリーズ作るぞ!」って意気込んでる数年単位で働ける若いプロジェクトチームがないと無理や

      CS:GOのスキンマーケットは暴騰してるしすべてが最悪の方向に向いている

      余生をまったりプレイしながら過ごすしかなさそう

      削除
    2. 新シリーズ出たらどうなるんだろうな
      GOが出た時みたいに人口分裂して移行渋る奴が出てきた時に
      スキン売買みたいな移行促す要素があるかどうか

      削除
  3. いろいろと残念すぎる・・・
    チート対策も効果的ではないし。
    今後Valorant等が台頭してきて、数字や金に影響してこない限り変わりそうにないな

    返信削除
    返信
    1. valorantがcsを本格的に食い始めたとしても動かないよこの感じだと

      何にしてもsteamさえあればいいって感じでしょ

      削除
  4. 最近はVACもまともに機能してないしな
    1ヶ月前にマッチしたspinbotもまだBANされてない

    返信削除
    返信
    1. ちゃんとリポートしたか?
      味方全員でリポートしたら少なくともOWBANされる可能性高くなるぞ

      削除
    2. リ、リ、リポート!?!?!?

      削除
    3. VACがすぐに機能しないのは昔からだで
      半年、1年後にプロフィール見たらBANされてる
      ずっとこんなんだから酷い

      削除
    4. レポートでもリポートでも同じreport定期
      さてはやってないな?

      VACBANはブラックリストが更新されないと発動しない

      削除
  5. 明らかに質の低いスピンbotとかでもだし
    5ドルのチートで1年遊べちまうんだ ほんまクソ

    返信削除
  6. CSGO程度のセキュリティならまじで素人でもそこらに落ちてるソース拾ってチート自作できるのがね

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link