Amazon ゲーミングデバイス祭り

今年1月、LiquidからFaZeへ移籍を発表したTwistzzのインタビューが、Canadian Game Awardsより公開されています。

インタビューでは、プロへのキャリア、CS:GOでプロを目指したきっかけ、新型コロナウイルスが猛威を振るった2020年、Liquidより脱退した理由について答えています。以下、インタビューより一部抜粋した文章を掲載します。


セミプロからプロへの道のり

セミプロでプレイしていた時は、プロになる可能性をあまり考えていませんでしたが、気付けばプロと対戦するレベルまで行っていました。なぜなら、当時所属していたTectonicは、CS1.6のプロチームで、FPLへ参加するコネクションを持っていたため、すぐに北米のトップレベルで対戦する機会を頂くことが出来ました。

今にして思えば、それは壮絶な旅のように思えます。seang@resと共にプレイしたMisfitsで過ごした時間は、より大きなチームでプレイる準備をする重要な役割を果たしてくれました。

そして、Liquidへ加入した当時、全てが上手くいきました。自分の好きなポジションで動くことができ、ゲーム内外でチームに溶け込むことが出来ました。この3年間で大きく成長しましたし、変わっていくこともありません。


CS:GOでプロを目指すきっかけ

当初、League of Legends、Halo、Call of Duty、Battlefieldなど、様々なゲームをプレイしてましたが、他の度のゲームと比較しても、CS:GOが「如何にユニークなゲーム」だったか、ということだと思います。

CS:GOの学習曲線の高さに加え、他のゲームの違いにあっという間に夢中になってしまいました。そして、今までプレイしてきた全てのゲームを捨て、「Counter Strike」のみ、プレイするようになりました。

広告の下に記事は続きます

2020年のeスポーツシーン

2020年のeスポーツシーンは非常に成長したと思います。リアルスポーツのアスリート、ストリーマーなどのインフルエンサーとコラボレーションを行っており、芸術家、政治家など、何らかの形でゲーム業界に関わっています。

そのため、ゲーム、eスポーツ業界の露出度を高めており、今年も昨年同様にさらに成長していくと予測しています。


新型コロナウイルスの猛威、Liquid脱退の理由

精神的にも肉体的にも非常に厳しい1年でした。1年の殆どを通して、モチベーションを維持し、向上心を持ち続けることは非常に困難でした。個人的な問題にもたくさん遭遇しましたし、2020年の大半は精神状態が落ち込んでいました。

健康的な生活を追求し、パンデミックの間、NAとEUを行き来するのではなく、一つの地域に焦点を当てるため、Liquidより脱退することを決意しました。ヨーロッパでの新しいチームで、より良い未来に向かいたいと思います。

関連記事
KarriganがmousesportsからFaZeへ移籍した理由を語る
「iBUYPOWER」がCS:GOシーンへ再参入か、コミュニティではex-MIBRの獲得の声

2 コメント

  1. BalltlefiledではなくBattlefieldかと

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正致しました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link