国内CS:GO大会「SUNRISE CUP」と対戦プラットフォーム「5E ARENA」がパートナーシップ契約を締結したことを発表しています。

SUNRISE CUP

SUNRISE CUPは、CS:GOのコメンテーター、アナリストとして活動するMamE氏主催による開催されるコミュニティ大会。大会には、国内のCounter Strikeレジェンドプレイヤーnoppoが展開するゲーミングデバイスZYGENによるスポンサードで開催されていますが、新たなパートナーに5E ARENAが参加。

大会のアナウンス当初は、年間賞金総額30万円、年間開催6回を発表していましたが、中国のCS:GO対戦プラットフォーム「5E ARENA」とパートナーシップ契約により、それぞれが倍増。年間賞金総額を60万円へ、開催数を年12回開催へ倍増します。

今月初めにリリースされた「5E Arena International」は、アジア圏を中心としたサードパーティー製の対戦プラットフォーム。128Tickの高品質サーバー、アンチチートシステムを特徴としており、今後はクエスト機能など様々な機能が実装予定です。

また、MamE氏のTwitterでは、大会の実況・解説を募集をアナウンスしており、気になった方は応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事
対戦プラットフォーム「5E Arena International」がリリース、アジア全域を対象に高品質サーバーで対戦

8 コメント

  1. 遅い
    もう無駄

    返信削除
    返信
    1. 君も大会に出てみないか?

      削除
  2. あながちまだ無駄とも言い切れんかもしれないよ。

    返信削除
  3. 単にCSGOが好きな人が開催した大会にアジアのCSGOコミュニティを活性化したい企業が乗ってきてくれたことになんで遅いとか無駄とかで終わらせようとするんだろう
    JPCSの為に人生費やした人なんだろうか?

    返信削除
    返信
    1. このサイトはプロもいっぱい見てますからね

      削除
  4. 1回の賞金総額5万円で年12回ってどう考えても「CS:GOが好きなコミュニティの誰でも参加してみてね」型の大会なのになんでもう遅いとか無駄だとか言っちゃうんだろう

    返信削除
  5. 遅いとか言ってるけど本当に32チームになって純粋にすげーって思ったけどな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link