先日、Renegadesからmousesportsへ移籍が発表されたdexterのインタビューがHLTVより公開されています。

インタビューでは、Renegades脱退、パンデミックの1年間、mousesportsへ加入した理由について答えています。以下、インタビューより一部抜粋した文章を引用します。

2017年にスタートしたGrayhoundのメンバーから、別れを告げることになります。脱退後、チームの長年の成長を示すムービーが公開されましたが、どのようなお気持ちですか?

少し悲しさを感じました。このような素晴らしいチームを故郷に残すことは大変なことです。私たちは共に多くの事を成し遂げてきましたが、新型コロナウイルスの影響により、純粋にゲームを楽しむためだけではなく、自分自身のキャリア、生活の為に選択しなければいけない難しい立場に置かれます。

私たちが成し遂げたことに満足していないことは確かですが、世界に見せつけるべきことはまだまだたくさんあったと思うし、小さな地域を代表するためにも、またオセアニアチームの代表に戻りたいと思います。


以前のRenegadesを見ていると、普段はオーストラリアに滞在し、大会、ブートキャンプのみ海外へ遠征をして、メンバー皆が幸せそうに見えました。その考えが変わったのは、やはりパンデミックの影響でしょうか?

1つは間違いなくパンデミックの影響により、オーストラリアでのキャリアが止まってしまったことです。1年間、オーストラリアに留まっていたことで、Counter Strikeで様々ことを成し遂げる必要があると感じ、ハングリー精神は高かったですが、「食べるものが何もない*」状況でした。

mousesportsよりオファーを受けた時、自分のキャリアで目標を達成し、プレイヤーとして、IGLとして成長するための最高の機会と感じました。

*2020年、Renegadesはオーストラリア国内の大会のみ出場していたが、出場した大会全てで優勝している。

Renegadesの戦績 - Liquipedia

mousesportsへの加入についてですが、海外チームからの唯一のオファーだったのでしょうか?加入した理由を教えてください。

いえ、いくつかのチームからオファーを受けていました。しかし、最終的にプレッシャーを感じることなく、すぐに成長できる機会があると感じたため、mousesportsを選びました。

2 コメント

  1. 以前の前にあが入ってます。

    英語苦手なので毎回助かってます。

    今大会の様子だとまだ馴染んでない感じというか、力の格差を感じてる感じだよな…。勿体ないショットが多い気もするし。

    返信削除
    返信
    1. ご連絡ありがとうございます。修正致しました。

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link