フィンランドのCS:GOチーム「ENCE」よりsuNnyがベンチへ移動したことがチームの公式Twitterより発表されています。

現在26歳のフィンランドのプレイヤーsuNnyは、2019年8月にmousesportsからENCEへ移籍、Aleksibに代わる形でラインナップへ参加しました。

2018年~2019年、メジャー大会準優勝、DreamHack、StarLadderで優勝など、好調な滑り出しを見せていたENCEですが、2019年後期よりチームの成績は低迷、出場したS-Tierの国際大会で最下位が続き、一時期は世界ランキング2位まで上昇したHLTV世界ランキングですが、現在は38位までランクダウンしています。

先日、GODSENTがsuNnyと交渉を進めいているとDBLTAPより報告されましたが、suNnyは自身のTwitterで「交渉は続いていますが、まだ何も決定しません。」と投稿、現在もオファーは受付中とコメントを残しています。

また、ENCEは公式サイトで「CS:GO部門を再構築する計画は進行中であり、クリスマスが終了した後、2021年の計画を皆さんにお伝えします。」とコメントを残しており、近日中に発表予定です。

suNnyが離脱したENCEのラインナップは以下になります。

 Aleksi "allu" Jalli
 Elias "Jamppi" Olkkonen
 Joonas "⁠doto⁠" Forss
 Tuomas "⁠SADDYX⁠" Louhimaa (ローン)
 Eetu "⁠sAw⁠" Saha (コーチ)
 Jere "sergej" Salo (ベンチ)
 Miikka "suNny" Kemppi (ベンチ)

8 コメント

  1. saddyきみは何がしたかったんや

    返信削除
  2. 諸悪の根源はalluやろ

    返信削除
    返信
    1. alluというか、ENCEメンバー全員

      削除
  3. Alluは悪くねぇからぁAlluが最強だからぁ!!!!

    返信削除
  4. いきなりaleksibを追放したのが終わりの始まり

    返信削除
    返信
    1. やっぱりalluが戦犯じゃねぇか…

      削除
  5. Aleksib最高!OG最高!

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link