2020年12月3日(日本時間12月4日)にCS:GOのアップデートが実施されています。

約1ヵ月半ぶりとなる今回のアップデートでは、前回のオペレーション「Shattered Web」以降約1年ぶりとなる新オペレーション「Broken Fang」が追加、オペレーションリリースと共に新スキン、ケース、エージェントが大量に追加されています。

新モードはコミュニティサーバーに従来より存在したリテイクモード、マップBAN&PICKでランク戦をスタートできるBroken Fang Premier Modeの2つの新モードが実装されています。

OPERATION BROKEN FANG

・オペレーションBroken Fangの追加、Broken Fang Premier、リテイクなど新モードの実装、統計ページ、エージェント、武器コレクション、ミッション、マップなど新要素を多く実装しています。
・特設ページ:www.counter-strike.net/brokenfang

GAMEPLAY

・新モード「Broken Fang Premier Mode」を追加しました。
・新モード「リテイクモード」を追加しました。
・より多くのゲームモードにdynamic ping system(動的なpingシステム)を追加しました。
・カスタマイズ可能なチャットホイール機能を追加しました。
・チャットホイール機能は設定のキーボード/マウス→チャットホイールのオプションでカスタマイズ可能となっています。

チャットホイールによりより簡単なコミュニケーションが可能

MAPS

・Scrimmage、カジュアル、デスマッチのゲームモードにAncient、Engage、Apolloを追加しました。
・Danger ZoneのゲームモードにFrostbiteを追加しました。
・WingmanのゲームモードにGuard、Elysionを追加しました。
・Mutiny、Swampをマッププールより削除しました。





Cache
・余分なディテールを削除しました。
・マップの視覚効果を滑らかにしました。
・低解像度ユーザーに向け、視覚的にマップの明瞭さを改善しました。
・細かな調整を実施しました。(Thanks hzx_fps!)
・AサイトとMIDに若干の調整を加えた。
・ビジュアルを改善した。

Operation Broken Fangの新要素

新オペレーション「Broken Fang」には様々な新要素が追加、以下新たに追加された新要素をかいつまんで紹介します。

Broken Fang Premier Mode

オペレーションパスを購入ユーザーは、試合開始前にマップのBAN&PICKが行えるマッチメイキングをプレイできます。

統計ページの追加

オペレーションパス購入ユーザーは様々なモードの詳細な統計を確認できます。マップのパフォーマンス、様々な武器の統計、ヒートマップなどがゲーム内より簡単に確認可能となっています。

オペレーションミッション

各週にリリースされる新ミッションをクリアすることにより、スキン、ケース、エージェントなどのアイテムをゲットできるスターを獲得できます。ミッションはカジュアル、コンペティティブ、Danger Zone、ガーディアン、2つの新モード(リテイクモード、Broken Fang Premier)でスターを獲得可能となっています。

また、ミッションクリアごとにバッチのアップグレードが可能で、ブロンズ、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドの4ランクが用意されています。


新エージェントが大量追加

新オペレーションリリースにより新エージェントが大量追加、ミッションクリアにより獲得可能です。全エージェントはリンクより確認可能できます。

新ケース「OPERATION BROKEN FANG CASE」が追加

新ケースBroken Fang Caseが追加、17つのコミュニティよりデザインされたスキン、グローブが含まれています。全スキンはリンクから確認できます。



BROKEN FANG STICKERの追加

オペレーション「Broken Fang」をテーマにした16枚のステッカーがリリースされています。

THE CONTROL COLLECTIONが追加

ミッションクリアによりゲットできるスキンコレクションThe Control Collectionが追加、AWP、USP-Sなど豊富にスキンが追加されています。全スキンはリンクから確認できます。

パッチワークが追加

キャラクタースキンをカスタマイズできるパッチワーク「Metal Skill Group」が追加されています。

THE HAVOC COLLECTIONが追加

ミッションクリアにより獲得できるTHE HAVOC COLLECTIONが追加、全スキンはリンクより確認できます。


THE ANCIENT COLLECTIONの追加

ミッションクリアにより獲得できるTHE ANCIENT COLLECTIONが追加、全スキンはリンクより確認できます。


24 コメント

  1. なんか今回のパスは買わなくてもよかったんかな? ちょっと不安になってきた

    返信削除
  2. csgo熱が高まってきた

    返信削除
  3. スキン、かっこええやん

    返信削除
  4. aaaaaaから管理人の興奮が伝わってくる

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。修正しました。

      削除
    2. いや興奮というか前の記事で10つ目とかいう謎の日本語使うくらい日本語が出来ないだけだよ

      中国共産党っぽいリンク他のタブで勝手に開くし、中の人は中国人じゃないかな?

      削除
    3. 単純にgoogle翻訳のまま持ってきてるからおかしな日本語混じってるだけでしょ

      削除
    4. コメントありがとうございます。今年10月頃より謎のポップアップ広告が出るとコメントを頂いていますが、当サイトはGoogle AdSense、Amazonアソシエイト以外の広告は設定しておりません。

      問題については調査中で、以前コメントを頂いた際はサイトのHTMLを一度初期化し、0から作り直しましたが、それでも問題が修正されない場合はサイト移行、閉鎖を考えています。

      また、直近は私情により記事更新が早朝になることが多く、それに伴い内容の再確認も結構怠けてしまっています。元より文章を書くこと自体あまり得意ではありませんが、気を付けます。(ネタかもしれませんが、一応中の人は日本人です。)

      削除
    5. 一回もポップアップ広告出てこないし、見てる側がやべーリンク踏んでウィルス感染してるかおかしなアドオンいれてるかどっちかでしょ

      削除
    6. 上に同じくこのサイトでポップアップ広告が出たことは一回もないっすね

      削除
    7. 何でも政治に絡めるのはやめようね

      削除
  5. エージェントいらね・・・
    つかcacheとかで保護色になったりするから廃止してほしい

    返信削除
  6. 貰う報酬を自分で選べるの良いね

    返信削除
  7. BAN PICKだけ気になるけど購入者だけしかマッチング出来ない感じ?
    パーティー組んだ時は選べるのかだけ気になる

    返信削除
  8. statsはオペレーション終了後に全ユーザー向けに実装されるのかな

    返信削除
  9. 「VALORANTのイイところをCS:GOも取り入れながらふたつのゲームは相互発展していく」って予想は正しかったのかな
    でもエージェントは要らんかなあ

    返信削除
    返信
    1. 結局キャラごとに見える見えないがあってやりづらいんだよなぁ
      こんなこと言うとvalo勢がうるさそうだけど、キャラゲーは運ゲー

      削除
    2. 流石にそれで運ゲーはない
      仮に勝敗に響くぐらいキャラの見え方に差があるならそこをどう評価してピックを決めるかも重要な要素になるだけ
      全キャラ当たり判定は同じだけど女キャラは細くて見え辛いから有利なんてゲームもあるしもっとマシな理由付けて批判しないと批判してるやつのレベルが低いと思われても仕方ないよ

      削除
    3. 逆に体を無駄にデカくてピークが苦手なキャラがいるってのもそれはそれで面白い
      デカいかわりに他に利点があればいい

      削除
    4. 本人の中でvalorant嫌いなんとかして批判したいっていう前提がもうあるから
      こういうコメントが出てくるんだよな

      走り撃ち、ノースコでもまっすぐ飛ぶことがあるから運ゲーって言ってるのと変わらんレベル

      削除
    5. 思い込みの激しい両者の殴り合い見てて楽しいからもっとやってほしい

      削除
  10. 定期的に新要素追加してくれるの本当に助かる

    返信削除
  11. リテイクモード、結構お手軽で良かった。それにしても起動時のムービーにびっくり。

    返信削除
  12. スターのためにくそつまらんモードとmap回すのだるいな

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link