CS:GOのピン機能を利用した新しいバグがNatus Vincereに在籍するm0NESYの配信より発見されています。

今年12月の大型アップデートと共に実装されたピン機能ですが、m0NESYのTwitch配信内で設置したピンに敵が近づくとピンが反応するバグを発見。以下のクリップでは実際にその様子が確認できます。

本来は味方と円滑にコミュニケーションを取るために実装されたピン、上記の画像の様にマップの各箇所に設置できる

敵が近づくとピンの形状が変化

ピンが反応した直後に敵が現れ、m0NESYは容易に敵をキル

ピン機能の本来の目的は、味方とのコミュニケーションを円滑に取るために実装された機能であるため、上記のバグは近日中のアップデートで修正されることが推測されます。

関連記事
15歳のプレイヤーm0NESYのCS:GOプレイ時間が10,000時間を突破

4 コメント

  1. 今までのバグな中でも特に致命的なやつで草

    返信削除
  2. まずピン機能無くてもよかったかも

    返信削除
  3. ピンあってもいいけどFPLとかプロの公式試合ではサーバー設定でOFFにしてほしいよね
    自分が知らないだけで普通の試合はOFFでやってるのかもしれないけど
    MMとかはピンあろうがなかろうがスキンとかで壊れてるからどうでもいいけどさ

    返信削除
  4. バトロワならともかくGOやヴァロみたいなゲームにピンなんていらねーだろ

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link