フィンランドの大手eスポーツチームENCEを装った偽動画広告がYouTube上に登場しています。

Esports Talkで知られるJake Luckyは自身のTwitterで「ShroudがYouTube上に現れたCS:GOのチート宣伝広告を指摘してちょうど数週間*。現在、詐欺師たちはYouTubeの広告にENCEのようなeスポーツチームを装った広告を流しています。気を付けてください。」と投稿、YouTube上でENCEを装いアカウント乗っ取りを狙った偽広告が流れていることを指摘しました。

*今年10月、YouTubeにCS:GOのチートを宣伝する動画広告が流れ、Redditでは大きな話題になった。

以前より、Twitchではs1mple、Shroudといった有名プレイヤーの配信を装った偽配信が横行していましたが、詐欺師の手段はTwitchからYouTubeの広告へ変更。広告からアクセスしたページにログインすることで、Steamアカウントの乗っ取り被害、CS:GOスキンの盗難に遭う可能性があるため、海外製の怪しいサイト、広告には注意しましょう。

関連記事
Stewie2kの現役引退の詐欺広告がTwitchに登場、アカウントの乗っ取りに会う可能性があるため注意
flushaが大会賞金1,200万円を脱税、4ヶ月の懲役、不足分の税金240万円の支払い

1 コメント

コメントを投稿


Sponsored Link