「Cloud9」LoL部門に加入したPerkzの年間給与は270万ドル(約2.8億円)とインサイダーのWoolooが報じています。

Woolooは自身のTwitterで「Cloud9でのPerkzの年間の給与は270万ドル(約2.8億円)と噂されています。」と投稿、今月中頃にG2からCloud9へ移籍したPerkzはチームより年間2.8億円の給与を受け取っていると投稿しました。

上記のツイートに対して、CS:GOトップチームの1つAstralisに所属するBubzkjiは「みなさん、私はLeague of Legendsへ転向することを発表したいと思います。このゲームに対する私の情熱は非常に高まっており、私はマルファイトとレネクトンを非常に上手にプレイします。興味のある人は誰でも私にダイレクトメッセージをください。」とツイート、高額な給料を理由にCS:GOからLeague of Legendsへ移行するジョークツイートを投稿しました。

一方でCloud9は、CS:GO部門にも高額な資金を投入しており、今年9月に1から再構築を図ったCS:GO部門には移籍金、契約金含め合計で597.3万ドル(約6.3億円)の資金を投入しています。

また、Buzkjiが所属するAstralisは今年7月にプレイヤー個人の年間の給与は約7,900万円とデンマークのメディアより明らかになっています。

*League of Legendsの話題ですが、尖ったツイートが多いことからAstralis Twitter部門と呼ばれるBubzkjiが反応していたため掲載。

関連記事
BubzkjiがRiot GamesとValveの違いについて語る「Valveはゲームタイトルが成功する理由の1つであるプレイヤー、競技シーンを放棄しました。」
CS:GOプロにインタビュー「CS:GO以外に好きなゲームは?」
Astralis所属のプレイヤーの2019年の推定年収は約7900万円、Astralisを除くその他のデンマークのCS:GOチームの給与も公開

コメント


Sponsored Link