「Cloud9」がCS:GO部門の再構築を発表、現ラインナップは移籍リストへ移動します。


今年1月に南アフリカのCS:GOチームATKと契約を結んだCloud9は、約9ヵ月間の活動を経てCS:GO部門の再構築を発表、Cloud9に所属する現メンバーはCloud9のチームタグの下、ESL Pro League Season 12に出場し新しい組織が決定次第、他のチームへ移籍します。

Cloud9のCEOを務めるJack Etienneは公式サイト「私たちはCS:GO部門の新しいステップへ移行しています。これまでの取り組みをファンに皆様、コミュニティにお見せできることを非常に楽しみにしています。また、現在のラインナップのハードワークと決意に非常に感謝しています。次のステップへ進むにあたり、彼らのサポートを続ける新しい組織を見つけることに専念します。」とコメント、既存ラインナップへの感謝と共に次なるステップを進む意向を明らかにしています。


2018年のELEAGUE Major Boston 2018以降、4回目となるCS:GO部門の再構築となりますが、今後の展開に期待されます。

現在のCloud9 CS:GO部門のラインナップは以下になります。チームは9月12日(土曜日)04:00よりESL Pro League Season 12 North AmericaにてTriumphと対戦予定です。

 Johnny "JT" Theodosiou
 Ian "motm" Hardy
 Ricky "floppy" Kemery
 Josh "oSee" Ohm
 Aran "Sonic" Groesbeek
 Tiaan "T.c" Coertzen (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link