Amazon ゲーミングデバイス祭り



「MIBR」が最後にタイトルを獲得して2年が経過したことが話題となっています。

ブラジルのメディアglobo.comはブラジルのトップチームMIBRが2018年8月26日に行われたZOTAC Cup Masters 2018を最後に2年間、国際大会でタイトル獲得を逃していることを報告、記事の投稿には5,000を超えるいいねが寄せられています。




2018年8月に香港で行われた賞金総額30万ドルZOTAC Cup Masters 2018は、MIBR、Kinguin、Virtus.pro、MVP PK、OpTic、TYLOO、Flash Gaming、Ghostの8チームが出場、優勝賞金20万ドルをかけダブルエリミネーション形式で実施されました。

当時のMIBRのラインナップはFalleN、fer、coldzera、Stewie2k、tarik、YNk(コーチ)、国際チームに移行し約半年ほど活動したラインナップでの優勝となりました。2019年1月にtarik、Stewie2k、YNkが脱退し多くのラインナップ変更を繰り返してきましたが、ZOTAC Cup Masters 2018以降、国際大会でのタイトルは0となっています。

FLASHPOINT Season 1、BLAST Premier Spring 2020 American Finals、ECS Season 6 Finals、BLAST Pro Series Istanbul 2018など惜しい大会もありましたが、2016年~2017年の一貫性を取り戻すことはできていません。

現在のMIBRは大会成績で注目を集めるというよりは、SNSなどで注目を集めるイメージが強いですが、ブラジル初のメジャー大会優勝、HLTV世界ランキング1位などの過去の栄光もあり、現在も熱狂的なファンが多いことで知られています。

現在開催中のESL One Cologne 2020ではヨーロッパ部門へ出場し注目を集めましたが結果は最下位、長い間低迷を続けていますが、今後の活躍に注目です。

5 コメント

  1. 体得獲得になってます

    返信削除
  2. これは焦るわな!

    返信削除
  3. 当時とはメンバーも違うし勝てなくなったのは当然

    返信削除
  4. 勝てなくなったからメンバーが変わったんだけどな

    返信削除
  5. ここにs1mpleが入る噂あったの草だわ
    old s1mpleならSNSはとんでもないことに

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link