本日8月28日05:00よりスタート予定だったESL One Cologne 2020 North America プレイオフ準決勝でChaosとLiquidの試合が米警察発砲事件を受け延期されたことが発表されています。

ESLは公式Twitterで「大会参加者であったChaos、Liquidより試合の延期を要請され、試合時間を今週後半に延期することに同意します。」と発表、本日朝にアメリカ・ウィスコンシン州で起きた黒人男性が警察官に背後から複数回にわたり発砲を受けた事件を受け試合時間の延期を決定したことを発表しています。




試合の延期時間の発表と同時に、Chaos、Liquidの両組織の公式Twitterより試合延期に関する公式声明を公開、今朝起きた事件への怒り、ゲームコミュニティにも人種差別に関する同様の問題があることを指摘し「今は試合を行う時ではありません。」と述べ、ゲームのプラットフォームを通してコミュニティをより良く改善、サポートしていく意向を明らかにしました。




ジョージ・フロイド事件に引き続き起きたこの事件では、アメリカのコミュニティで怒りが現れており、今回のESLの延期に加え、NBA、WNBA、MBLなどのアメリカの各団体で試合延期、キャンセルが発表されています。

現時点でESL One Cologne 2020 North Amricaのプレイオフのスケジュールは不明ですが、今週後半と発表されているため、8月29日以降の開催になることが予測されます。

5 コメント

  1. プロゲーマーなんか配信上で差別用語発しまくりなんですけど
    ポーズだけの表明とかいらん

    返信削除
  2. あんな警察の制止振り切って車に乗り込もうとする黒人なんか発砲して当たり前のようにしか見えん
    車に銃備えてるやつなんか山程居るアメリカであんな行動がそもそも軽率でしょ・・・
    あの一連の騒動でまたプロリーグ関係ストップするのほんともうやめてほしい

    返信削除
  3. わかるpolice activityチャンネルみると警察やばい

    返信削除
  4. 黒人がバカすぎて世界が困っています

    返信削除
    返信
    1. せめてこういう差別丸出しな米ぐらいは消そうよ…

      削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link