brokyが以前に所属していたEpsilon Esportsで給与未払いの問題があることがDot Esportsが報じています。

Dot Esportsによると、Epsilonの元メンバーで現在FaZeに所属するbroky、Endpoint所属のrobiin、compLexityコーチのkeitaに対して給与未払いがあることが発覚、組織は2019年の4月から7月にかけて一部のプレイヤーに対して給与を支払っていないことが明らかになりました。

brokyには4ヵ月分の給与である約6000ドル(約65万円)、robiinに対しては1ヵ月分の給与である約1700ドル(約18万円)が支払われておらず、更には給与未払いの問題以外にも給与の支払遅れがあることが明らかとなっています。

また、当時のチームメイトであるSurrealは「給与が2週間から4週間遅れることはしばしばあった」と指摘している一方で、毎月分の給料は全額支払われていることを述べており、匿名で答えた元チームメンバーは「チームのCEOであるGreg Champagneはスタープレイヤーを優遇し、他のプレイヤーと異なるように対応していました。」と告発、メンバー間で格差、対応の違いがあったことを言及しています。


Surreal、CRUC1AL、SPELLAN、brokyといったメンバーが在籍した当時のEpsilonは昨年7月にCS:GO部門の解散を発表、その後CEOが変わりCS:GO部門を再結成、ベルギーのプレイヤーを中心としたラインナップとなりました。

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link