「BOOM Esports」が13歳のブラジルのプレイヤーSnowzin⁠と契約を結んだことを発表しています。


ブラジルのプレイヤーで構成されたCS:GOチームを保有するインドネシアのeスポーツチームBOOM Esportsは、新たに13のブラジルのプレイヤーSnowzinと契約を結んだことを発表、Snowzinは6人目のバックアップメンバーとしてラインナップに参加します。

現在13歳のブラジル出身のプレイヤーSnowzinは、ブラジルシーンの中で最も期待される若手プレイヤーの1人として知られ、ブラジルのレジェンドプレイヤーCoGuやストリーマーのgaulesといった著名人より支持を得ています。

インドネシアの大手eスポーツチームBOOM Esportsは今年2月にインドネシアのラインナップから離れブラジルのトップチームINTZのメンバーを買収した

SnowzinはBOOM Esportsへの加入に対して「1つの大会であってもBOOM Esportsに参加できとても嬉しいです。これは夢の実現であり、私のゲームに対する献身の結果だと思います。私はこのチームで自分のスキルを示す準備ができています。」とコメントしています。

新たにSnowzinが加入したBOOM Esportsのラインナップは以下になります。BOOM Esportsは7月末より行われるブラジルの国内リーグGamers Club Masters V、9月よりはESL Pro League Season 12に参加予定です。

 Marcelo "chelo" Cespedes
 Gustavo "yel" Knittel
 Bruno "shz" Martinelli
 Ricardo "boltz" Prass
 João "felps" Vasconcellos
 João "⁠Snowzin⁠" Vinicius (バックアップ)
 Alessandro "Apoka" Marcucci (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link