デンマークのベテランプレイヤーHUNDENが現役引退を発表、選手としての引退に伴い「Heroic」の新コーチに就任したことが発表されています。


今年で29歳を迎えるデンマークのベテランプレイヤーHUNDENは、Counter-Strike: Sourceよりプロとして活躍しており、CS:GOではCopenhagen Wolves、MySMG、SK Gaming、Reason Gaming、Tricked Esport、MAD Lionsといったデンマークのチームを中心にプレイしました。

2019年1月にTricked Esportに加入後は、V4 Future Sports Festival 2019で優勝、DreamHack Open Winter 2019、WePlay! Forge of Masters Season 2、Good Game League 2019で準優勝と、チームを国際シーンへと導くキープレイヤーとなりました。


昨年12月に、Tricked Esportはスペインの大手eスポーツチームであるMAD Lionsによって買収され、約4ヵ月間チームでプレイしましたが、HUNDENは成績不振によりベンチに移動し、チームには代わってAcilioNが加入しました。

HUNDENは現役引退、そしてコーチ転向について、「長い間やりたいと思っていた一歩を遂に踏み出しました。今、才能あるチームを指導する機会を得られ、ようやく決心する事が出来ました。自分の得意な分野で活動することを楽しみにしています。私の頭脳を使ってHeroicをトップに導き、最終的に再び世界ランキングへと導きます。」とコメントしています。

先日、HeroicはSnappic、es3tagに代わりデンマークの若手プレイヤーであるTeSeS、nikoを追加しており、今後の活躍に期待されます。

新たにHUNDENがコーチに就任したHeroicのラインナップは以下になります。

 Martin "stavn" Lund
 Johannes "b0RUP" Borup
 Casper "cadiaN" Møller
 René "TeSeS" Madsen
 Nikolaj "niko" Kristensen
 Nicolai "HUNDEN" Petersen (コーチ)
 Marco "Snappi" Pfeiffer (ベンチ)
 Patrick "es3tag" Hansen (ベンチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link