Amazon ゲーミングデバイス祭り


CS:GOプロリーグ「ESL Pro League Season 11」の平均視聴率が前シーズンに比べ、215.5%増加したことが明らかになっています。

ESLは3月中旬から4月中旬にかけて行われたESL Pro League Season 11にて、平均視聴者が164,494人を記録したことを発表、前シーズンのSeason 10の平均視聴者52,140人に対し、約215.5%増加したことを発表しています。また、以上の数値は中国からの接続数を排除しており、中国からの視聴者数を加えるとより増加することが予測されます。

大会を通しての視聴時間は4820万時間を超え、ピーク時の視聴者数は489,120人を記録、ESLはSeason 11について「Most Successful Season(最も成功したシーズン)」と述べ、大会を観戦してくれたファン、そして素晴らしい試合を繰り広げたチームに対して感謝の意を表しています。


本来、ESL Pro League Season 11は全試合オフラインで実施される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受け、全試合オンラインの体制へ移行を発表、長期に渡るリーグ戦の中ヨーロッパ部門ではFnatic、アメリカ部門ではLiquidが優勝を獲得しました。

コメント


Sponsored Link