ENCEがフィンランドの若手プレイヤーJamppiを検討していることが明らかになっています。

Esports Talkでの活動で知られるJake Luckyは自身のTwitterにて「私が聞いた情報によるとENCEはJamppiと契約を結ぶ予定です。以前、同じ情報源よりAleksibに代わりsuNnyと契約するという情報を聞いていたので、この情報は好きなように解釈してください。」とツイート、ENCEがフィンランドの若手プレイヤーJamppiを検討していることを明かしています。


現在18歳のフィンランドのプレイヤーJamppiは、SJ GamingやSuperJymyといったフィンランドのチームでプレイ、HLTVのRatingはキャリアを通して1.18を記録しており、過去三ヵ月では1.37と非常に高いスコアを獲得しています。

Jamppiはその優れたスキルより、昨年はOGのCS:GO部門創設時のメンバーとして検討されていましたが、Jamppiの持つアカウントが過去にVACBANを受けていた経緯があり、交渉は決裂、OGには代わってイギリスのプレイヤーmantuuが加入しました。


Jamppiが過去に所持していたアカウントがVACBANされていたいことが発覚後、所属チームSJ Gamingよりベンチ入りが発表され、現在は配信を中心にアマチュアプレイヤーと共にオンライン予選などの大会に出場しています。

また、ENCEがJamppiを獲得した場合、どのプレイヤーと交換を予定しているかは明らかになっていませんが、Jamppiを獲得することによりメジャー大会へ出場することは出来なくなり、ESLやDreamHack、StarLadderなどの大会に焦点を当てることになります。

コミュニティではJamppiを獲得してまでもENCEは現状*を変えたい、もしくはAstralis同様に6人体制で活動するのではないかといったコメントが寄せられています。

*ENCEは昨年メジャー大会初出場で準優勝を獲得しHLTV世界ランキングはピーク時に2位までランクアップしましたが、昨年9月にメンバー変更を行って以来、チームの成績は下落傾向で現在は世界ランキング24位、過去三ヵ月の勝利パーセンテージは11.1%となっています。

もし、ENCEがJamppiを採用した場合、現時点でENCEがどのプレイヤーと交換するかは明らかになっていませんが、Astralis同様に6人体制になった場合、チームのラインナップは以下になります。

 Aleksi "allu" Jalli
 Jani "Aerial" Jussila
 Jere "sergej" Salo
 Sami "xseveN" Laasanen
 Miikka "suNny" Kemppi
 Elias "Jamppi" Olkkonen

コメント


Sponsored Link