世界ランキング上位20チームに所属するプレイヤーの解像度をまとめたグラフが話題になっています。

海外ユーザーk97513は、大手CS:GO情報サイトHLTVの世界ランキング上位20チームに所属する全プレイヤーの解像度を集計しグラフ化、プロによく使用されている解像度、またはその逆を示しています。


最も人気のある解像度は1280x960でcoldzeraやZywOo、KRiMZなど計40人のトッププレイヤーによって使用されています。1280x960に次いで人気のある解像度は1024x768、NiKoやdev1ceなどによって使用されています。

上記の2つ以外の解像度の使用率はほぼ均等になっており、1920x1080はropz、s1mple(つい最近フルHDに変更した)、1440x1080はAleksibなどに愛用されていることによって知られています。

また、CS1.6では多くのプレイヤーが使用していていましたが現在ではあまり見ることのなくなった800x600は、上位20チームに所属するプレイヤーで使用しているプレイヤーはおらず、20位圏外ではポーランドのAWPer、snatchieが使用しています。

5 コメント

  1. 640x480はもう完全に低スペ民用か

    返信削除
  2. s1MPleのおかげで今後fhd率相当上がりそうだね
    fhd使ってたから嬉しいわ

    返信削除
  3. GuardiaNが800x600卒業したとき時代が変わった感あったわ

    返信削除
    返信
    1. わかる、screamも気づいたらフルHDになってたし時代変わった

      削除
  4. CS1.6は解像度によってリコイルのしやすさ変わったと思うけど、CSGOは遠距離の見やすさ以外はお好みな印象。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link