「100 Thieves」よりコーチkassadが脱退したことが発表されています。


現在33歳のセルビア出身のコーチkassadは、100 Thieves CS:GO部門が以前所属していたチームであるRenegadesよりコーチを務めており、2018年に約4ヵ月間、Valianceに移籍したものの、約3年間コーチとしてチームをリードしました。

kassadは、Renegades時代より多くの国際大会へとチームを導いており、StarLadder i-League Invitational 2017での優勝に加え、メジャー大会へ繋がるAsia Minorでは3度の優勝を獲得しています。

2018年にLiazz、Gratisfactionの2人のプレイヤーが加入後、チームの勢いは更に上がり、IEM Beijing 2019では準優勝、メジャー大会StarLadder Berlin Major 2019ではBEST4、IEM Katowice 2019ではBEST8と2度のLegends Stageへのシード権を獲得し、HLTV世界ランキングはピーク時には5位まで上昇しました。


kassadは脱退について「暫くの間、チームがバラバラになってきているのは事実です。昨年、私はチームの進歩と停滞について不満を抱いていました。チームが抱えている問題にどのようにアプローチするか、どのように解決するかについて意見の食い違いが起きていました。私たちの間に、悪い噂などはありません。それはチームが次のレベルに到達するための新しいビジョンであり、前進するための最良の方法です。過去6ヶ月間、サポートしてくれた100 Thievesに感謝します。本当に最高の組織の1つでした。」と述べ、新たにオファーを公開することを明かしています。

現在の100 Thievesのラインナップは以下になります。チームは現在開催中のESL One Road to Rio North Americaに出場中です。

 Aaron "AZR" Ward
 Justin "jks" Savage
 Joakim "jkaem" Myrbostad
 Sean "Gratisfaction" Kaiwai
 Jay "liazz" Tregillgas

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link