新型コロナウイルスの影響によりメジャー大会「ESL One Rio 2020」の延期の可能性があることが明らかになっています。

現在、流行中の新型コロナウイルスの感染者数は全世界で20万人以上に広がり、今月初めに行われたIEK Katowice 2020は無観客で実施、そしてESL Pro League Season 11では大会形式自体が変更し、全試合オフライン形式から地域予選型のオンラインへ変更とCSGOシーンにも大きな影響を与えています。

今月14日、リオデジャネイロ市庁舎は新型コロナウイルスの拡大防止のため大勢の人が集まるイベントをキャンセルする方向へ移動していることを発表、メジャー大会はブラジル・リオデジャネイロで行われるため、状況次第では延期になる可能性が高いことが考えられます。


また、16日にはブラジルのサッカー連盟(CBF)が新型コロナウイルスの影響を受けすべての大会を中止することを発表、サッカー連盟の判断は国からの指令ではなく連盟独自の判断のため、もし国や市からの指令が無かった場合にはESLの判断に任させると予測されます。

5月より本戦がスタートするESL One Rio 2020は、4月よりその予選であるアメリカ・ヨーロッパ・CIS・アジアのMinorが同国で行われるため、近いうちに公式からの発表が公開される考えれます。

コメントを投稿


Sponsored link


Sponsored link



おすすめ記事