アメリカ海軍がCS:GOチームを設立、パートナーチーム「Evil Geniuses」と共にトレーニングを実施することを発表しています。


今月27日、アメリカに拠点を置くeスポーツチームEvil Geniusesはアメリカ海軍とパートナーシップ契約を締結したことを発表、パートナーシップ契約に伴い、アメリカ海軍は組織内で独自のCS:GOチームを設立しイベントや大会に参加していく意向を発表しています。

また、アメリカ海軍内で設立されたCS:GOチームはEvil GeniusesのCS:GO部門に所属するプロプレイヤーの下でトレーニングを実施することを明かしています。


Evil GeniusesのCEOを務めるNicole LaPointe Jamesonは「eスポーツに新しい1歩を踏み出したアメリカ海軍と提携を結ぶことは非常に名誉なことです。eスポーツシーンの創設者であり、名高いチームの1つでもあるEvil Geniusesが持つ卓越性、チームワークなどをアメリカ海軍と共有できることを誇りに思います。信じられないほどの組織と肩を並べることを謙虚に受け止め、新しい情報をファンに発表できることを待ちきれません。」とコメントしています。

アメリカ海軍のCS:GOチームは、9月にサンディエゴで予定されるTwitchCon アメリカ海軍スペースでプレイを披露する予定です。

また、今年2月にはアメリカ空軍がESLとパートナーシップを結び、若い世代に軍隊に興味を持ってもらうことを目的にeスポーツシーンに関わっていく意向を明かしています。

3 コメント

  1. プロパガンダに利用されてEGの練習時間奪うのだけはやめてほしい

    返信削除
    返信
    1. EGなら海軍のチームに負けるんじゃねw

      削除
  2. こればかりはビジネスだからしょうがない。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link