swagがCSGOの競技シーンから引退、今後はProject Aに焦点を当てることを発表しています。

swagは自身のTwitterにて「私は既にSwole Patrolのメンバーではありません。私はCounter Strikeの競技シーンから一歩後ろに下がることを決意しました。今後もCSの配信はしますが、私の現在の主な目標はProject Aのリリースを待ち、Project Aで世界で最高のプレイヤーになることです。皆様のサポートに感謝します。そして皆様が私の新しい旅をサポートしてくれることを願っています。CS1.6からスタートし楽しい8年間と22000時間でした。しかし、全く後悔はしていません。」とツイート、CSGOのプレイヤーとしてシーンから降りることを明かし、今後はRiot Gamesが放つ新作FPS「Project A」で世界トップを目指すことを発表しています。


現在23歳のアメリカのプレイヤーswagは2011年に行われたESEA Season 9に初のオフライン大会へ出場、大会では準優勝を残し、2013年にアメリカのトップチームcompLexityに加入、compLexityではメジャー大会BSET4を達成し、2014年にiBUYPOWERへ移籍を発表しました。

iBUYPOWERでは2度の国際大会で優勝を獲得、swagは2014年のトッププレイヤーランキング18位に選出されました。


しかし、チームは2014年8月に行われたCEVO Professional Season 5にて八百長試合を行いギャンブルサイトで不正に利益が得ていたことが発覚、2015年1月にはValveがスポンサーを務めるメジャー大会等の大会に、今後一切の出場、関与を認めないことが発表され、チームは解散となりました。

その後はCloud9、Swole Patrol、Lazarusといったチームに在籍し、EPICENTER 2018、ESL Pro League Season 10といった大会に出場、その他は配信活動を中心に活動しています。

関連記事 : Riot Gamesが放つ新作FPS「Project A」はCSGOユーザーをターゲットか
関連記事 : CSGOキャスターHenryGがProject Aをテストプレイ「CSGOをプレイして以来最高のゲームです」

10 コメント

  1. ちょっと早計な感じあるけど大丈夫なんだろうか、手ごたえがあったんならswag的にはありがたい流れだろうけど

    返信削除
  2. これはValve最大のミスだろ

    返信削除
  3. 当時17歳だったプレイヤーを早々に捨てたValve最大のミス、むしろ23歳までCounter Strikeをプレイしてたswagに感謝したい。Project Aに行っても誰も文句は言わないよ多分。

    返信削除
  4. 八百長がいけないんだよなぁw AZKがOverwatchいったりしたんだしswagも諦めて別の道に進んでたらなぁ・・・。受け取り拒否した(skin受け取りの証拠を見つけられなかった)skaだけが生き残っただけ。

    返信削除
  5. projectAが大流行する前提の話だけど大丈夫か?
    リリースしてからでもいいと思うけど何か急がなきゃならない理由でもあったのかな・・・

    返信削除
  6. 何がValve最大のミスだよ
    八百長するからやんけ
    skaみたいに拒否してたらよかったんだよ

    返信削除
  7. project aにマウス加速設定はあるんだろうか?
    swagはマウス加速のヘビーユーザーだったはず

    返信削除
  8. ズルして見放されて他所のゲームで無双してスターになる流れNG

    返信削除
  9. Shroudキッズがswagキッズになる日も近いな

    返信削除
  10. naの中じゃ神童って感じでプレイに華もあったけどeuじゃこんなようなやつ毎年出てきてた気がする
    プレイの部分で惹かれるのは分からんでもないが正直大麻とスマートドラッグの依存症から抜け出せない八百長歴ありのジャンキーを未だに崇めてるやつの気が知れない

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link