Steamの使用言語1位に中国語がランクインしたことが明らかになっています。

Steamが公開している「Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: December 2019」によると、2019年12月におけるSteamの使用言語にて簡体字中国語が37.87%を記録し1位にランクイン、2019年11月に比べ約14.43%の割合で増加していることが明らかになっています。一方、英語は11月より6.40%減少し30.43%と2位にランクダウンしています。


年々Steamにおける中国人ユーザーの割合は増加しており、昨年は1年を通して約3倍増加しており、中国シーンの盛り上がりが伺えます。

また、「Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査」では、使用言語の他、グラフィックボードのメーカーや、CPU、RAMなどの統計データも算出しています。気になった方は、ぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか。


2 コメント

  1. steam流行る前に中国版steamみたいなの導入しなかったのは中国としては珍しいな
    そのうち規制入りそうだけど

    返信削除
  2. 日本語が1%もあるのは驚いたな。
    海外開発者も日本語を無視出来ない時代になりつつあるのかな?

    返信削除

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事