「ex-Virtus.pro」よりMICHUが脱退、国際チームを視野に入れフリーエージェント宣言を明かしています。

現在23歳のポーランドのプレイヤーMICHUは2013年よりプロシーンに参戦し、2016年にKinguinに加入、Kinguinで約1年半年活動後、2018年にVirtus.proにTaZに代わり加入しました。

Virtus.proに加入後は、メジャー大会FACEIT Major London 2018を筆頭に、IEM Katowice 2018、StarLadder & i-League StarSeriesといった国際大会に出場しましたが、思うような結果を残すことはできず、メジャー大会FACEIT Major London 2018では最下位、メジャー大会へのシード権を失うこととなり、以降メジャー大会出場は叶いませんでした。


昨年12月、Virtus.proはAVANGAR CSGO部門を買収し、買収に伴いチームメンバーはベンチに移動しました。

MICHUは組織より脱退に伴い、自身のTwitterにて「新しいチャレンジに取り組む準備ができました。多分、次は国際チームかな?」とツイート、国際チームを視野に入れていることを明らかにしました。


MICHUが脱退したex-Virtus.proのラインナップは以下になります。また、MICHUは次のチームが見つかるまで、チームにスタンドインし大会予選等に出場することを明かしています。

 Michal "snatchie" Rudzki
 Janusz "Snax" Pogorzelski
 Arek "Vegi" Nawojski
 Tomasz "phr" Wójcik
 Jakub "kuben" Gurczynski (コーチ)

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link