Liquidに所属するStewie2kがアメリカ人プレイヤーで初の賞金獲得総額100万ドル(約1.1億円)を達成したことがesportsearningsより明らかになっています。

esportsearningsによると、日本時間12月2日明朝に決勝が行われた賞金総額50万ドルECS Season 8 Finalsにて準優勝を獲得したLiquidに所属するStewie2kの獲得賞金総額が100万ドルを突破、獲得賞金総額のランキングではAstralisのメンバー5人に次ぎ6位にランクインしたことが明らかとなっています。


以前までランキング上位の殆どのプレイヤーがヨーロッパ、もしくはMIBRの中心メンバーとなっていましたが、今年中旬Liquidは、ESL One Cologne 2019や、ESL Pro League Season 9 Finals含む国際大会にて5連覇を達成、加えて賞金100万ドルのIntel Grand Slam Season 2を獲得しました。それにより、Stewie2kを除く同じくLiquidのメンバーであるNAF、nitr0、EliGE、TwistzzもランキングTOP25圏内にランクイン、NAFは90万ドルを突破し11位にランクインしています。

一方、Astralisのメンバーは依然として上位5位を独占、特に長年共にプレイしているXyp9x、dupreeh、deviceの3人は獲得賞金総額150万ドル(約1.6億円)を達成、現在ランキング1位のXyp9xは$1,666,921(約1.8億円)となっています。

AstralisはCSGOで最も権威のある大会メジャー大会を現在3連覇中、世界ランキングは1位に位置している

Xyp9x、dupreeh、deviceの3人は昨年11月に100万ドルを達成したので、約1年で個人で60万ドル以上の賞金を獲得した計算になり、来年の大会成績次第ではCSGOプレイヤー初の200万ドルを達成する可能性も十分にあります。

また、記事執筆時点でAstralisのチーム単体の獲得賞金総額は$7,677,634(約8.4億円)とCSGOチームのなかで最高賞金獲得額を達成しており、こちらも来年の大会成績次第ではCSGOチーム初の1000万ドルをを達成する可能性があります。

現在、ライバルチームであるAstralis、LiquidはECS Season 8 Finalsに引き続き本日12月3日20:00よりスタートするESL Pro League Season 10 Finalsに出場予定です。ESL Pro League Season 10 Finalsについてはリンクより確認できます。

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事