元mTw、CS1.6プレイヤーtraceが現役として復帰する意向を発表しています。


traceは自身のTwitterにて「私は過去1年間多くのことを練習し、プロチームに参加する準備ができました」とツイート、約3年ぶりとなる競技シーンへ復帰する意向を明らかにしています。

現在29歳のデンマークのプレイヤーtraceは、2007年より競技シーンで活躍するプレイヤーで、CS1.6ではmTw、SK Gamingといったチームでプレイ、mTwではzonic、ave、Sundeといったプレイヤーとともに多くの国際大会に出場、優勝を獲得しました。

2012年にはFnaticへ移籍、同時にシーンはCS1.6からCSGOへ移行し2013年7月までの約1年間Fnaticでプレイしますが、モチベーションの低下などを理由に競技シーンから引退することを発表しました。


2015年12月には、zonic、ave、minet、SundeといったCS1.6のレジェンドプレイヤーと共にmTwとしてCSGOチームでの活動を開始することを発表しましたが、僅か1ヵ月後にzonicがAstralisへコーチとして移籍、そのままチームは解散となりました。

また、現時点でtraceはフリーエージェントであり恐らくオファーを待っている状況と予測され、今後の発表に注目が集まります。

2 コメント

  1. FACEIT 3000ELO超えてるのかすげえ

    返信削除
  2. faceit、ヨーロッパ300位、デンマーク国内40位。

    返信削除

コメントを投稿


Sponsored Link



Sponsored Link