賞金総額50万ドル「ECS Season 8 Finals」にて「Astralis」が「Liquid」を破り優勝、MVPは平均Rating 1.27を記録したdeviceが受賞しています。

ECS Season 8 Finals

ECS Season 8 Finalsはアメリカ・バージニア州アーリントンにて11月290日から12月2日の4日間にかけて行われた賞金総額50万ドルのオフライン大会です。北アメリカ予選、ヨーロッパ予選を勝ち抜いたそれぞれ4チームの計8チームが出場しました。

決勝 Astralis vs Liquid


 Astralis [2-1]  Liquid
 Astralis [15-19]  Liquid (Vertigo)
 Astralis [16-11]  Liquid (Nuke)
 Astralis [16-8]  Liquid (Dust2)

優勝賞金22.5万ドルをかけた決勝は、2018年互いにライバルチーム同士として切磋琢磨したAstralisとLiquidの試合が行われました。両チームともにグループ予選より全勝、また、決勝で対戦するのは昨年12月に行われたESL Pro League Season 8 Finalsより約1年ぶりとなります。

1stマップ、LiquidピックのVertigoはOTに縺れ込み15-19と接戦の末Liquidが勝利、2ndマップAstralisの得意マップNukeでは16-11で勝利し、3rdマップDust2では16-8でAstralisが勝利、優勝を手にしました。

Liquidは3マップを通してNAFがRating 1.24を記録し、チームをリードしましたが、チームのエースであるEliGEのスコアが伸び悩み、敗退といった結果となりました。一方、AstralisはAWPerのdeviceが安定した立ち回りを見せチームを勝利に導きました。


MVP


MVPはAstralisに所属するdeviceが選出されています。deviceは今大会で行われた全9試合を通して平均Rating 1.27を記録、チームを優勝に導きました。Liquid決勝1マップ目、グループ初戦Sharks戦の2つを除く全試合で平均以上のRatingを記録、特にグループ予選2試合目のFnatic戦では26キル11デスでRating 2.02を記録しています。


配信アーカイブ



最終順位

1位 -  Astralis  ($225,000)
2位 -  Liquid ($100,000)
3-4位 -  Fnatic ($50,000)
3-4位 -  Evil Geniuses ($50,000)
5-6位 -  MIBR ($25,000)
5-6位 -  NiP ($25,000)
7-8位 -  AVANGAR ($12,500)
7-8位 -  Sharks ($12,500)

2 コメント

  1. eligeが調子悪いの珍しいな
    sgの弱体化も関係してるのかな

    返信削除
  2. これマジでどうやったらASTに勝てるんや……

    返信削除

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事