D0cCが地元オランダのチーム「Defusekids」に正式に加入した事を発表しています。


現在19歳のオランダのプレイヤーD0cCは、動画配信サイトTwitchにてEUFPLを中心に配信しており、Twitchのフォロワー数は約8万人を誇る人気配信者です。

FPL以外でのプレイヤーとしての活動では、ミックスチームで国際大会の予選への出場やスタンドインとして大会への出場が主であり、今までプロチームでの活動経験はありませんでした。

昨年12月に行われたPGL Grand Slam 2018ではScreaM、fejtZ等と共にアフリカのチームECL.ggにスタンドインで出場した

また、D0cCは今月の初めよりDefusekidsにスタンドインしており、オランダ国内の大会ESL Dutch Championship Winter 2019ではグループ予選より勝ち上がり出場、本戦では見事優勝を果たしました。

Defusekidsは2003年設立の歴史あるeスポーツチームで、昨年以前はベルギーとオランダのプレイヤーで構成されていましたが、D0cCの加入によりチームメンバー全員がオランダのプレイヤーとなります。また、現在3年連続でESLの国内大会ESL Benelux/Dutch Championship Summer/Winterで優勝しており、国内ではトップの強さを誇ります。

チームはで「D0cCの加入により、より高みを目指したい」と明かしており、今後の活躍に期待されます。

新たにD0cCが加入したDefusekidsのラインナップは以下になります。

 Vincent "v1N" Brouwer
 Gido "G1DO" Brouwer
 Dion "FASHR" Derksen
 Thijs "rilax" Izaks
 Shuaib "D0oC" Ahmad

コメントを投稿

Sponsored link

Sponsored link



おすすめ記事