Amazon ゲーミングデバイス祭り


デンマークのチーム「OpTic Gaming」が解散した事がメンバーのTwitterより明らかとなっています。

今年6月にMIBRの親会社Immortals Gaming ClubがOpTicを買収、CSGOのメジャー大会は同組織のチームが2チーム以上出場する事が禁止されており、Immortalsの買収に伴いOpTic CSGO部門は売却といった運びとなりました。

OpTicは約4ヶ月間に渡り新たな組織を探し、期間中DreamHack Open Summer 2019にて優勝、その他ESL One New York 2019やDreamHack Masters Malmö 2019といった国際大会に出場しました。

しかし、現在開催中のESL Pro League Season 10 EuropeでBIG、mousesports、FaZeに敗退、0勝3敗といった結果で最下位で大会は終了となりました。


k0nfigは自身のTwitterにて「OpTicには将来性を感じられなかった為、チームを解散する事に決定し、現在メンバーを個々の道を選択しています。これが最良の選択だと感じており、私はこれからも個人スキルを上げる事にフォーカスを置きます。」と述べ、オファーを公開する事を明かしています。


また、MSLはTwitterにて「NAとEUの両方に対してオファーを公開します。チームの構造、反省、勤勉さがトップに導くと信じています。」と明かしており、アメリカ、ヨーロッパの両方に対してオファーを公開している事を明かしています。


OpTic Gamingのラインナップは以下になります。現在は、メンバーそれぞれチームを探している事を明かしています。

 Kristian "k0nfig" Wienecke
 Mathias "MSL" Lauridsen
 Nikolaj "niko" Kristensen
 Rene "TeSeS" Madsen
 Casper "ruggah" Due (コーチ)

コメント


Sponsored Link